愛犬の消化器官に潜む寄生虫を排除!優れ者のインターセプター

インターセプターで犬を守る

家族の一員としてペットを飼い、日々かわいがっている方は多いと思います。
仕草や表情を見ていると癒しの効果がありますよね。哺乳類、魚類、爬虫類、鳥類などなど、飼えるペットは様々ですが、中でも人気のあるもののひとつに犬が挙げられるのではないでしょうか。
小型なものから大型なものまでどれもそれぞれかわいいですが、お世話はやはり大変です。特に病気にかかってしまった際には一大事です。
病気には様々な種類があって、食べ物を残したり、吐いてしまったり、ふらふら歩いたり、よだれが大量に出たり、呼吸が変になったりといった症状が出たら、疑ったほうがいいと思います。

病気の中のひとつにフィラリア症というものがあって、蚊を媒体に感染し、最終的には心臓や肺動脈などに30cmほどの寄生虫が住み着き、元気や食欲がない、咳をする、痩せる、といった症状がでます。
放っておくとおなかの膨らみが見られたり、赤みを帯びた尿をするようになります。
心臓、肺、肝臓、腎臓などが機能不全に陥り、最悪死に至ることもあるという恐ろしい病です。このようなことになってしまう前に事前の予防が重要になってきます。

そこでフィラリア予防薬といったものが数多く市販されています。
今回紹介するのはインターセプターと呼ばれる薬です。この薬は大きく2つの特色があって、まず第1にチュアブルタイプで、チュアブルタイプとは有効成分の他に食べやすいようにお肉風味で出来ているというのが特徴です。これならおやつ感覚で喜んで摂取してくれそうです。第2にインターセプターには他の予防薬では防げないサナダムシの駆除が出来るという効能もあります。種類も豊富で、超小型用、小型用、中型用、大型用と4種類のタイプが発売されていて、ご自分の愛犬に合ったものが選べます。
ただこの薬の使用には注意が必要です。フィラリア予防薬を使用する前には、必ず検査を受けてください。治療法にはここまで紹介してきた薬物による治療、手術、積極的な駆除をせず症状を軽減する処置を行なう対処療法がありますが、それぞれメリット、デメリットがあります。
薬物療法によるデメリットは体内に住み着いてしまった寄生虫が死ぬと血管に詰まったりして、重篤な障害を及ぼすことがあります。
そうならないためにも事前に検査を受けておくことが非常に重要になってきます。またこの薬は要指示薬に指定されているため獣医さんの診察が必要です。

PRサイト
 インターセプター犬用をくすりペットナビで購入